日本・リトアニア首脳会談でのリトアニアのワーホリについて

こんにちは、リトアニア(Lithuania)の首都ヴィリニュス(Vilnius)の大学に留学しながら、現地のブロックチェーン関連のフィンテック企業で働いているKazuyuki Shimadaです。

今日帰宅後、Twitterを見ていたら外務省のツイートが目に飛び込んできました。

ふむふむ。外務省から発信されるリトアニアの情報は最重要です。安全面等においても。

このソースを読むと二国間関係にこのような記載がなされています。

両首脳は,ワーキング・ホリデー制度の開始の目処が立ったことを歓迎し,今後,両国の人的交流が進展することを期待しました。

実は2017年11月20日にミャンマー連邦共和国で開催されたASEM第13回外相会合に出席中の日本の中根外務副大臣とリトアニアのスクセビチュウス・リトアニア外務副大臣が会談をおこない、2017年にワーキング・ホリデー制度の導入に向けた協議が開始されたことを歓迎したという発表が外務省からなされました。
参考リンク: https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press11_000036.html

また今年の初め、2018年1月13日には安倍晋三内閣総理大臣がリトアニアを訪問し、リトアニアの首相サウリウス・スクバルネリス(H.E. Mr. Saulius Skvernelis, Prime Minister of the Republic of Lithuania)と首脳会談を行いその際には、ワーキング・ホリデー制度の導入に向けた協議の更なる加速化で一致されました。
参考リンク: https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/we/lt/page11_000077.html

そして今回2018年10月12日、訪日中のサウリウス・スクバルネリス・リトアニア共和国首相(H.E. Mr. Saulius Skvernelis, Prime Minister of the Republic of Lithuania)と安倍晋三内閣総理大臣が日本で首脳会談を行い今回のワーキング・ホリデー制度の開始の目処が立ったとの発表に至りました。
参考リンク: https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/we/lt/page6_000202.html

というわけで、リトアニアでもワーホリの開始の目処が立ったということで今後はリトアニアに来る若者も増えるかもしれないですね。

中々カナダやオーストラリアのように英語がメインでないのでそのような国と同じようにはいかないでしょうが、東欧の歴史に触れることができたり、リトアニアのワーホリでビザを取得することでヨーロッパのシェンゲン協定国を行き来できることは非常にメリットではないでしょうか?

ということで今後ワーホリの条件に合う若者がリトアニアに来る可能性があるのでそれまでにこのブログをより充実させ、リトアニア・ヴィリニュスに訪れる人にとってバイブル的存在になれるように頑張ります。

それでは、Kazuyuki Shimadaでした。

*記事中の文章の出典元: 日本外務省

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください