ブロックチェーンセンターを訪問

こんにちは、リトアニア(Lithuania)の首都ヴィリニュス(Vilnius)の大学に留学しながら、現地のブロックチェーン関連のフィンテック企業で働いているKazuyuki Shimadaです。

昨日はオフィスを訪れた後は一度在リトアニア日本大使館の場所を下見に行きました。

今後在留証明の申請やパスポートも残り1年半程度になったのでその更新等に来る必要があると思うのでその際に迷わないように。

実際迷いましたがこれでもうばっちりです。Bankeraからも徒歩で行けそうです。
その後は一度来たかったBlockchain Centre Vilniusへ。

Bankeraもブロックチェーンに関連した事業なのですが、Blockchain Centre Vilniusはそのブロックチェーンを活用してベンチャー企業の事業を促進するのが目的で建設されました。
Blockchain Centre VilniusはBankeraのアドバイザーを務めていた欧州議会の議員で起業家のAntennas Guoga(アンタナス・グオガ)氏が中心となりヨーロッパで初となるブロックチェーンに特化した開発センターで、同様のセンターがあるメルボルン、上海に、マレーシアのセンターと提携していくそうです。
またこのことからもリトアニアがブロックチェーンを活用した技術開発でそして金融とITを融合したフィンテックでヨーロッパの先頭を行こうとしているのが伺えます。

ヴィリニュスの中心部を流れるネリス川の川沿いに立派な建物が。それがBlockchain Centre Vilniusです。

*画像の出典元: Blockchain Centre VilniusのWEBサイト

Blockchain Centre Vilniusはこの建物の7階にあります。ちなみに当然エレベーターなのですが一般人はエレベーターを使えません。全てIDカードで操作します。私はそれを知らなかったですしアポも取っていなかったですが受付で説明していくことができました。
エレベータを降りるとロゴが待ち構えています。もちろんここで記念撮影。

綺麗なオフィスに入ると綺麗な受付嬢がいて、その中で何人もの開発者がPCと向かい合っていました。またミーティングルームもあり来週水曜日の夜にセキュリティについての会議をするからおいでよと誘われたので大学のスケジュール次第ですが予定が合えばいこうと思います。

また壁にはサトシ・ナカモトが書いた論文Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash Systemも掲げられていました。

日本人で訪ねてくるのは初めてだよ、今の仕事と給料に満足してなかったら声かけてね何て調子のいいことを言われながら、ブロックチェーン、フィンテックの最先端を垣間見れた気がします。

それでは、Kazuyuki Shimadaでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください