リトアニアへの飛行機はカタール航空がオススメ

こんにちは、リトアニア(Lithuania)の首都ヴィリニュス(Vilnius)の大学に留学しながら、現地のブロックチェーン関連のフィンテック企業で働いているKazuyuki Shimadaです。

リトアニアまでの行き方について紹介します。私の場合はビザを申請する際に、航空券または航空券の予約確認書が必須であったので事前に取得済みでした。リトアニアはシェンゲン圏ですが、旅行で来る程度なら日本のパスポートがあればビザなしで滞在出来るので、もしリトアニアに来る予定がある方は一言声かけてくださいね。予定が合えば案内します。

リトアニアの空港

リトアニアにある国際空港は全部で4つ。大きい空港から順にヴィリニュス国際空港、カウナス国際空港、パランガ国際空港、シャウレイ国際空港。
ヴィリニュスはリトアニアの首都であり日本でいうと東京、カウナスはリトアニア2番目の都市であり日本でいうと大阪です。なのでどちらを使っても問題ないと思いますが基本的には首都にあるリトアニア最大の空港、ヴィリニュス国際空港を使用するのがリトアニア国内のアクセスを考えてもベターであると思います。
但し、最大の空港と言ってもハブ空港と呼べる空港ではなくとても小さいです。また日本からもそうですがリトアニアへ直行便を飛ばしている国も少ないので基本的にリトアニアのどの空港を使うにしても乗り継ぎが必要になります。

日本からのアクセス

航空連合

日本から海外に飛行機に乗る殆どの方はまず全日本空輸(ANA)にするか日本航空(JAL)にするかを選ぶと思います。中には極力安くとLCCを選択する人もいつかもしれませんがリトアニアを含めヨーロッパのように長時間のフライトが必要な場合は大手にするほうが安心で快適な空の旅を過ごせると思います。
ANA、JALどちらを選んでも問題はないと思いますし、あとはマイルの関係や好みの問題であると思います。またリトアニアへはどちらもコードシェア便を利用することになります。
コードシェアに関し得てはANAはスターアライアンス、JALはワンワールドなのでそれぞれの航空連合とのコードシェア便です。
リトアニアに関しては料金的にJALのワンワールド系のほうが安く行くことが可能です。ANAのスターアライアンスが好みの方も多いと思いますが、少しだけ高くなりますがLOTポーランド航空やルフトハンザドイツ航空を使う方法もあります。(スカイチームのアエロフロート・ロシア航空やKLMオランダ航空を使う手段もありますが。)

ANAのスターアライアンスを使う

まず一つ目はANAはスターアライアンス系を使う場合です。この場合成田からになりますが、LOTポーランド航空を使います。ルフトハンザドイツ航空もありますが料金が一段上がってしまうのでターアライアンスはLOTポーランド航空一択ではないでしょうか。LOTポーランド航空でポーランド最大の空港であるワルシャワ・ショパン空港まで行きそこからそのままLOTポーランド航空でヴィリニュス国際空港まで行きます。時間にして約14時間30分。
成田からという条件付ですが、スターアライアンスを使う場合はこれが唯一選択肢に入るかなという方法です。

JALのワンワールドを使う

日本航空 国際線
そして今回私が選択したのがこちらの方法。料金的にもお得ですし、関西からも飛行ルートがあります。私は滋賀なので基本的に海外へは関空を使いますが、今回私が選んだ航空券は伊丹から羽田まで行ってからなので関東の方にも当てはまる航空券です。
まず一つ目はフィンエアー(フィンランド航空)を使う方法です。フィンエアーはJALと同じワンワールドに属しているフィンランドの航空会社です。まず羽田から(成田からもあります。)フィンランドのヘルシンキ・ヴァンター国際空港まで飛びます。ここまでは何れもコードシェア便でJAL便とフィンエアー便のどちらかになります。その後フィンエアーからヴィリニュス国際空港まで飛びます。これがリトアニアまで行く一番スタンダードな飛行ルートで時間は一番早く値段もかなり安いとてもいい航空券の選択肢です。時間は約13時間です。

私は本当はフィンエアーで行きたかったのですが、フィンエアーもJALも両方が往復だととても安いのですが、私が取りたい片道だと恐ろしい料金だったので断念しました。私の選んだ日の料金は2ヶ月前に取ろうと思うと往復が約14万円に対し、片道が約48万円というエコノミーでは考えられない料金となり、往復で取って復路は放棄することも考えましたが勿体無いのでやめました。

なので次は時間はかかるけど一番安いカタール航空を使う選択肢を選びました。カタール航空は往復でも片道でも安いので時間がかかることに耐えられる場合はおすすめです。カタール航空の場合は私の場合は伊丹から乗り、その後羽田まで行き、次にカタールのドーハにあるハマド国際空港を経由してフィンランドのヘルシンキ・ヴァンター国際空港まで行き、そこからフィンエアーに乗り換えヴィリニュス国際空港まで行きます。伊丹からの場合、乗り継ぎも羽田、ハマド国際空港、ヘルシンキ・ヴァンター国際空港と3箇所あるのもあって時間は22時間かかりますが乗り継ぎがあっての22時間なのでそこまで問題ないかと思います。乗り継ぎ時間は短いですが、それぞれの空港での楽しみもあります。

カタール航空がオススメ

タイトルにもあるように以上のことから私はカタール航空をオススメします。リトアニアに来る際には是非カタール航空を使用して短いですが乗り換え各地で各国の雰囲気を味わってください。

それでは、Kazuyuki Shimadaでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください