9月26日の1日

こんにちは、リトアニア(Lithuania)の首都ヴィリニュス(Vilnius)の大学に留学しながら、現地のブロックチェーン関連のフィンテック企業で働いているKazuyuki Shimadaです。

9/25、夜

昨日オリエンテーションの初日を終えたわけですが、その後帰ってからもネットでアパート探しをしてました。

そしてまたまた昨日と同じくikiにゴー。珍しく環境に慣れてないからか疲れてたのでピザとビールを購入。ビールはKalnapilisというリトアニアのビールです。

500mlの瓶、これで約105円ほどです。リトアニアではあまりお酒を飲まないでおこうと決めて日本を出たのに2日目でアウトです。
他にも写真撮りましたよ。数々の日本ゆかりの品々。

日本食は買ってはいないですが何れお世話になるかと。と昨日の夜はこんな感じで終了し。

迎えた3日目、9/26

今日は朝から大学に行き、アイス・ブレーキングです。アイス・ブレーキングとは何かと言うと直訳で氷を壊す。即ち最初で緊張しているみんなの氷のように分厚い壁を壊して仲良くなろうという最初のステップです。そこでは自己紹介をしたりグループになって簡単なゲームをしたり。お陰で皆んなとも仲良くなることができました。
自己紹介では出身国についても触れまいたが、当たり前のようにリトアニア、に次いでロシア、ウクライナと旧ソ連系が多いのが印象的ですね。あとは国を聞きましたが英語の国名なので普段使ってる国名と違うのでよく分からなかったです。ただ皆んな英語はお上手で一人ついていけてない感じはしましたが、ここは人生経験とあとはいつものノリと日本でいう親父ギャグで乗り切り早速カズーカズーって呼んでもらえて嬉しかったですね。

旧ソ連系が多いということでこの大学は英語とロシア語のクラスがあるのですがほとんどがロシア語のクラス。なので英語のクラスの生徒はとても少ないです。だから私が選択したプログラムが開催できないのかと納得です。

聞けばやはり私と同じようにビジネスマネジメント・マーケティングとプログラミング・インターネットテクノロジーの英語のプログラムを選択していた生徒は変更を余儀なくされていました。ロシア語は開講されるようですが。

アイス・ブレーキングが終われば英語チームとロシア語チームはこの時点で別の部屋に移動します。
ロシア語チームは英語の授業を。

私たち英語チームはというと、何と!!リトアニア語の授業です!!
正直最初はいらんやろーと心の中で考えていましたが、ここリトアニアでは英語が多少は通じるとは言え年配の人には全くですし、買い物をしてもレストランに行ってもリトアニア語です。なので必要ですし何よりこんな機会は滅多にない。大学を卒業できるかわからないですがもし卒業できるなら3年後多少リトアニア語も話せたら素敵ですよね。日本語、英語、リトアニア語。3ヶ国語話せるとか超絶格好いいです。

今日はまだオリエンテーション中ということで授業という感じではなかったですが来週から毎週1回だけですがその授業があるので楽しみです。
あとその授業で聞いてのがリトアニア国旗の意味。

上から順に、Saulė、Gamta、Kraujas。
英語ではSun、Nature、Blood。
日本語で太陽、自然、血。
という意味だそうです。

そういえば私たち日本国民は自国民の国旗、日章旗の意味言えますか?
白がご飯で赤が梅干しとかじゃないですよ。
詳しい歴史などはWikipediaで調べてみてください。
色の説明でいうと紅は博愛、活力。白は神聖、純潔。
丸い形は円満、団結だそうです。

そんな日章旗のことまで知るきっかけとなったリトアニア語の授業でした。
そして授業後は街をブラブラ。
Ogmios Miestasというショッピングモールを発見。


結構大きな敷地で中に入るとショッピングモールから飲食店まで結構な数の店舗が入ってます。

そしてアウトレットまで発見。

関西でいうと神戸のモザイクのような感じと言ったらわかりやすいですかね。とにかく色々入っていて前回リトアニアに初めて来た時に見つけられなかった複合施設が見つけられた喜びと、これで何も困らないで済む安心感でいっぱいです。

買い物はしていませんが今日はブラブラいつもとは違う道を歩いて正解でした。

明日は遠足のようなものでトラカイに行きます。私が滋賀を感じた場所です。

朝から集合しバスか何かで行ってランチして色々な交流がありディナーして帰宅のコースです。
どんな1日になるか今から楽しみに今日はゆっくりします。

それでは、Kazuyuki Shimadaでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください