10月11日の1日

こんにちは、リトアニア(Lithuania)の首都ヴィリニュス(Vilnius)の大学に留学しながら、現地のブロックチェーン関連のフィンテック企業で働いているKazuyuki Shimadaです。

今日もほぼ1日大学の日で仕事は休みです。明日は朝2時間ほどだけ仕事です。
今日の授業はプログラミングと数学です。数学もプログラミング等で必要になってくるので必須とのこと。

プログラミングは前回同様C++です。
まだ初歩的なところなので特に面白みはないです。とりあえず言われたコードを打ち込んでいますが、説明の聞き取りが不十分なので、プログラミングに関しては予習と復習を兼ねて自宅でもしようと考えています。今のドミトリーはネット環境が劣悪なため新しいフラットに移り次第オンライン学習を取り入れようと計画中です。

次の数学の授業。いかにも数学教えてますという風貌の先生です。
高校でも数学はトップだったし、中学でも優秀な高校に行った友だちとも肩を並べていた数学。いやー、あれだけ得意だったのにさっぱりですね。すっかり忘れてます。でも計算自体は得意で早いし、思い出せばへっちゃらですが、何せこれまで習っていない応用編がきて尚且つそれが英語の説明なので今日は苦労しました。でも後半は図解で説明してくれたのでそこからの覚えは早かったです。

この歳になってまた数学に触れるとは思いませんでした。

最近思うのが大学に入ることが決まった際は大学を卒業することがまず第一の目標と考えてましたが、そうじゃないですね。いかにそれを今後活かせるか、いかに自分がイメージしている将来に直結できるか。そしてそれを選択できるか。それが大事ですね。

例えば世間の平均で置き換えると高校で習った理科。これは例えば薬品を取り扱う人や理系の業務をしている人以外は無意味と言ったら言い過ぎかもしれませんが、あまり役立っていないような気がします。それと同じで必修とされる授業の中でも本当に必要なものかどうかを見極める必要があると思います。

特に今リトアニアという国にわざわざ目的があって来たわけで一秒たりとも無駄にしたくありません。こちらに来てもうすぐ20日。最近はそのようなことを考えていて、ここで過ごす時間をより有意義な時間に、そして今後の人生をより有意義に過ごすための選択をしていこうと思います。

それでは、Kazuyuki Shimadaでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください